Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kado1.blog34.fc2.com/tb.php/3-17bdf745

-件のトラックバック

[T1] DCカード Jizile<ジザイル> VISA

クレジットカード情報サイト『クレジットカード学』の「DCカード Jizile<ジザイル> VISA」に関する情報です。

DCカード Jizile<ジザイル>

DCカードJizile<ジザイル>は、携帯電話やショッピングでのカード利用に応じて貯まるDCハッピープレゼントのポイントが、通常の2倍付く(1,000円につき2ポイント)年会費無料のクレジットカードです。

DCハッピープレゼントには、貯めたポイントを好みの商品に交換できる「商品交換コース」とマイレージなど様々なポイントサービスに移行できる「ハッピースウィングコース」があリますが、「ハッピースウィングコース」を選択してポイントをCLUBauのauポイントまたはドコモプレミアクラブのドコモポイントに移行すれば、携帯電話機器代金などの割引が受けられます。

CLUBauのauポイントに移行する場合は、DCポイント100ポイント=200auポイントになります。auポイントは、1ポイント=2円としてau機器代金などの値引きとして利用できます。

ドコモプレミア倶楽部ポイントに移行する場合は,DCポイント100ポイント=400ドコモポイントになります。ドコモポイントは、1ポイント=1円としてドコモ携帯電話代金や故障修理代金などの値引きとして利用できます。

つまり、DCカードJizile<ジザイル>1,000円の利用でau,ドコモ機器代金8円分のポイントが貯まることになります。

DCポイントの移行は、100ポイント単位で、auポイントとドコモポイントは、500ポイント単位、100ポイント単位でそれぞれ利用できます。

DCカードJizile<ジザイル>は、ゆとりに合わせて支払う、支払スタイルが自由自在のクレジットカードです。毎月の支払い金額は最低5,000円から設定できます。

ポイント還元率をギフトカードで見てみますと、1,000ポイントで5,000円分のカードと交換できますので、5円/1ポイントになります。つまり1,000円の買い物で10円分のポイントが貯まることになります。

ポイントの有効期限ですが、年間(4月~翌年3月)で獲得したポイントが200ポイントに達すると、翌年に自動繰越されて、最大で3年間有効になります。1年間で貯められない高ポイントの商品にも手が届くようになってありがたいです。ただし、200ポイントに満たない場合は、ポイントは自動的にその年度の3月末に失効してしまいす。また、新規入会者の初年度ポイントについては、獲得ポイントの多少に関わらず翌年度に自動繰越されます。

マネーサービスには、毎月一定の元利定額返済で支払う「ローンサービス」と毎月15日までに利用した金額に利息を加算した金額を翌月10日に一括して支払う「キャッシングサービス」とがあります。

「ローンサービス」は、全国の提携金融機関・郵便局・コンビニのATM・CDで現金を引出す方法とATM・CDの利用時間を気にすることなく、インターネットや電話で申込む、秒速振込サービス「借りスマくん」を利用する方法とがあります。「借りスマくん」を利用すると、申込後、数十秒で(時間外は翌日9:00に)カード代金支払口座に融資金が振込まれます。
「キャッシングサービス」は、振込サービスがなく、ATM・CDを利用して行います。

新規入会時のショッピング利用枠は、10万~30万円です。マネーサービスの利用枠は、所有しているカードの設定利用枠になりますが、その確認は、DC Webサービス内の「利用可能枠・利用状況照会」、「利用代金明細書」によって行います。

ショッピング利用の支払方法は、リボルビング払いになります。毎月15日に締め切られ、翌月の10日に、支払コースの設定支払額(最低5,000円)に所定の利息を加算した額が支払われます。設定支払額の変更は、いつでもできますし、残高の一括支払や一時加算支払、ボーナス月加算支払等の追加返済もできます。

新規ショッピングの利用分については、最初の支払日までの利息はかかりません。最初の支払日までに残高の一括支払をすれば、無利子で買い物をすることができます。

旅行に関するいろんなサービスが受けられるDCトラベルディスクを利用できます。

その他Jizile<ジザイル>会員の特典として、最高1,000万円の海外旅行保険が自動セットされたり、購入した商品の損害を購入日から90日間補償するショッピングセイバー(年間限度100万円、自己負担1事故1万円)などが付きます。

有料道路の料金所で現金やハイウェイカードが要らない「DC ETCカード」の申し込みも、DC Webサービスからできます。もちろん、年会費は無料です。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kado1.blog34.fc2.com/tb.php/3-17bdf745

1件のトラックバック

[T1] DCカード Jizile<ジザイル> VISA

クレジットカード情報サイト『クレジットカード学』の「DCカード Jizile<ジザイル> VISA」に関する情報です。

Appendix

検索

関連サイト

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。